株式会社ナント

幻の黄金キノコ 岡山県産 たもぎたけの栽培・販売

  • ホーム
  • たもぎたけとは?
  • たもぎたけレシピ
  • 商品一覧
  • 新着情報

トップ  >  たもぎ茸とは

たもぎ茸とは

ヒラタケ科のキノコで鮮やかな黄色が特徴です。
もともと北海道、東北で夏場にだけ自生し幻のキノコとも呼ばれていましたが、近年では人工栽培ができる
ようになりました。

たもぎ茸は、椎茸やエノキタケ等の一般的なキノコよりも総合的な栄養価が高いのが特徴です。
現在とても注目されているキノコの一つです。

おいしい湧き水と澄んだ美味しい空気で育てたられた栄養素満点のキノコは、その他にもさまざまな特徴を
もっています。


1. 抗酸化物質「エルゴチオネイン」

エルゴチオネインは、広くキノコに存在する化合物で、体を痛めつける猛毒活性酸素を除去する強力な抗酸化
物質。主に、化粧品などに活用されており、非常に高価な抽出物です。
たもぎ茸には、それが他のキノコとは比較にならない量で含まれています。

2. 免疫力強化物質「βグルガン」

β-グルガンは、免疫力を高めガンを予防する効能があるといわれています。
人体の免疫活動を活性化させ、ガンの予防作用や増殖抑制作用が期待されている食品です。

3. 最強の保湿成分「セラミド」

セラミドは、もともと皮膚の組織のひとつで、肌の角質層の細胞と細胞の隙間を埋めてつなぎ合わせている
脂質の約半分を占める主要な成分です。
皮脂膜をはじめとした肌の脂質は、水分の蒸発を防ぎ、外的刺激から肌を守る重要な役割をしています。
アトピー肌や敏感肌は、一般に「セラミド」と皮脂分泌が低下した状態です。
このセラミドが、たもぎ茸には高純度で含まれているのです。